遵義市じゅんぎし Zunyi

遵義市

遵義市

遵義市は貴州省北部に位置する、面積約3万㎢、人口約730万人の都市です。
歴史が古く、山河が秀麗、気候は温暖、物産が豊富なことから、「中国歴史文化都市」「中国優秀観光都市」「中国酒文化名城」「国家園林都市」などに指定されています。
遵義市には国家クラスの景勝地で世界遺産中国丹霞「赤水」があります。十丈洞、四洞溝などの雄壮な滝群、竹海、丹霞地形な自然奇観、「生物の生きた化石」と言われるヘゴ、ハンカチノキなどの希少植物が生息しエコ観光に適した環境を形成しています。
また長征(=中国共産党が1934年-1936年にかけて交戦しつつ徒歩で12,500kmを移動した史実)の文化、酒文化も遵義の多彩な観光文化を支えています。
遵義市は中国革命の聖地としてその名が知られています。毛沢東の指導権が確立された遵義会議、赤水河の四度渡り、婁山関大勝、など長征をめぐる事件がこの地で起こり、多くの革命遺跡が残されています。
国内外にその名が知られる国酒の茅台酒はこの地の特産品です。

主要な名所

tourist spot

世界自然遺産 中国丹霞・赤水

国家クラスの景勝地、自然保護区で、主な見所として十丈洞、四洞溝、燕子岩、中国ジュラ紀公園、竹海、五柱峰、丙安古鎮などがあります。
十丈洞滝は高さ76m、幅80mにも及び、中国で有名な滝の一つです。
四洞溝は大同鎮に位置し、水帘洞、月亮潭、飛蛙崖、白竜潭の四つの階段状の滝からなり、雄大な盆景式の回廊が自然に形成された様子を見ることができます。
燕子岩国家森林公園は、密生する中央アジア熱帯の常緑闊葉原始林、滝と丹霞地形が壮観です。
中国ジュラ紀公園は赤水金沙溝桫欏国家自然保護区内にあり、ジュラ紀の植物である桫欏(ヘゴ)が見所で「古生物の生きた化石」と呼ばれています。
竹海国家森林公園は葫市鎮にあります。クスノキの面積は広大で、見所の野竹坪では竹林や滝群、丹霞の奇観が一体となった景色を楽しめます。
五柱峰は赤水国家級景勝地の中核をなし、「丹霞第一園」とも呼ばれています。見所は小金駅溝や太陽谷などです。
丙安古鎮は赤水市の南西部に位置し、その歴史は長く高床式の家屋が山沿いにずらりと並び、民族の特色に富んでいます。

世界文化遺産 土司の遺跡群
播州海龍屯遺跡

遵義市内から約 15 ㎞位置する「土司」の軍事要塞址で、南宋宝祐 5 年(1257 年)に築かれました。南宋以降、少数民族の長らは「土司」という官職を与えられ中央政府に組み込まれるかわりに、自分たちの習慣や生活スタイルを保つことが許されており、この遺跡は当時の中央政府と少数民族との関係を今に残す重要なものとなっています。総面積は12.9 ㎢に及び、現在でも関所や城壁、宮殿跡など大型石材を用いた遺跡がよく残っています。

仁懐 茅台鎮

仁懐の茅台鎮は、茅台酒の生産地です。
中国酒文化城は古典的建築群で、漢、唐、宋、元、明、清と近代の七つの展示館に分かれています。
建物、彫刻、芸術、絵画、書道とともに、国酒である茅台酒の発展の歴史とその文化を紹介しています。
中でも世界最大としてギネス記録を樹立した懸崖彫刻漢字「美酒河」や、最も長い石刻竜の建築群、世界最大の茅台酒瓶(高さ31.2m、直径10.2m)などは必見です。この酒瓶内の螺旋式階段を登り、最上階の7階からこの鎮を眺めるのもお勧めです。

遵義会議旧址

紅花崗区子弄路に位置する全国の革命聖地を代表的する地区であり、全国重要文化保護財、国家AAAAクラスの観光地に指定されています。
1935年1月、中国労農紅軍は長征の途中に遵義に到着し、中国共産党中央政治局はこの地で有名な「遵義会議」を開きました。この会議によって毛沢東の中国共産党中央と紅軍での指導者地位が確定され、中国共産党史の存亡に関わる転換点となりました。
旧址内には、紅軍総政治部、毛沢東旧居、遵義会議陳列館、紅軍街、紅軍警備司令部、中華ソビエト国家銀行などがあります。

鳳凰山・紅軍烈士陵園

鳳凰山国家森林公園は遵義市の中心部にあります。
面積は595万1,000㎡で大竜山や小竜山など20余りの山からなり、園内には門楼、鳳閣、竜亭、民族山村、紅楼茶室などがあります。
公園内の雰囲気は風光明媚で奥深く、非常に静かです。
鳳凰山には紅軍烈士陵園があり、全国革命聖地を代表する観光地です。
紅軍烈士陵園記念碑や鄧萍烈土の墓、紅軍墓、青松堂、紅軍衛生員の彫塑、鐘偉剣烈士の彫塑、烈士壁などが見所となっています。

紅軍四渡赤水記念塔

仁懐市から13kmの茅台鎮にあります。塔の高さは25m、紅軍の2万5千里の長征を象徴するものです。
紅軍が3度目に赤水河を渡った際の茅台渡し場の朱砂堡山頂に建てられました。
塔は四つの波形の柱が折り重なるようなつくりで、紅軍が奇兵を出して赤水を4度渡った偉大な功績を意味しています。
また記念塔の北側に四つのレリーフがあり、紅軍が4度赤水を渡った時の壮観な光景が再現されています。

婁山関

遵義県と桐梓県の県境に位置する全国重要文化財です。省クラスの景勝地であると同時に全国革命聖地を代表する観光地でもあります。
1935年 2月、中央紅軍は長征において婁山関で大きな勝利を得たことで国内外を震撼させ、毛沢東はこの戦いを「憶秦娥・婁山関」の詩にしたためています。
婁山関は地形が険しく、景色は美しく、希少なカルスト山体と密生林が分布しています。
主な見所として婁山関記念碑、婁山関懸崖彫刻、大尖山・小尖山戦闘造跡、そして毛沢東の詩碑「憶秦娥・婁山関」などがあります。

双河洞

双河洞は国家地質公園です。綏陽県温泉鎮の公坪村、桂花村と銅鼓村に広がり、寛闊水国家クラス自然保護区と隣接しています。
現在確認済みの全長は106.4kmで、上中下の3層、8本の見学コース、97の鐘乳洞からなり、現在中国で最長のカルスト地形洞窟です。
石膏洞や水帘洞、蓮花洞、桂花洞窟、杉林洞、羅漢洞窟などの各ポイントでそれぞれ独自の特色が楽しめます。
洞、林、山、水、地下景観、地上景観が一体となり、まさに周辺の生態環境に恵まれた公園と言えます。

土城

習水県に位置する千年もの歴史をもつ町です。 全国重要文化財、中国歴史文化名鎮として、古来より「四川の塩が貴州に運ばれる」重要な埠頭であり、物集散地でした。
町の三方面が水に囲まれ、残る一方面は山に面し、独特な風格を持つ建築物、宋代の酒穴、船べり、塩商い、張半担の邸宅などが今でも残っています。
また土城も革命聖地の一つです。1935年1月、中央紅軍は長征途中に土城に到着した際、毛沢東や周恩来、朱徳らが自ら青杠坡戦闘を指揮し、土城の渾渓口を主要な渡し場に1度目の赤水河渡りを成功させました。
紅軍の「4度の赤水河渡り」の序幕が開かれた場所で、数多くの革命遺跡が残っています。

塩津温泉

仁懐市塩津河大橋の近くにあり、泉水の日間噴出量は約400t、水温は48.5℃に保たれています。清代(1644-1911年)に有名になりました。
珪酸ストロンチウムの複合型天然水で、水硫化水素やフッ素、臭素などのプラズマやヨード、セレン、ゲルマニウムなどの微量元素が含まれており、医療価値が高いのが特徴です。関節炎や皮膚病、心血管病に有効とされています。
また温泉リゾート村が谷間に沿ってつくられており、豊かな自然風景と一体となって温泉を心ゆくまでお楽しみいただけます。

丹霞谷

習水県東北部の習水国家自然保護区、国家森林公園、省クラス景勝地内に位置し、森林カバー率は95%以上に達しています。
丹霞地形とともに、 9つの溝と18の谷に沿って延々と伸びる山々が非常に秀麗です。
また丹霞谷は景色が美しいだけでなく、古い文化が残っていることも特徴です。
蜀漢の章武三年(西暦223年)の懸崖彫刻、清代(1644-1911年)の実業家袁錦道が創設した48の工場跡、「寺祠を共にし、人と神を共に彫る」といわれる望仙台石窟、花楼、古墳、牌坊(烏居型の門)、道碑などが美しい自然景観とうまく溶け合い共存しています。

RECOMMENDおすすめ